中部心理相談員会
HOME > 中部心理相談員会とは - 趣旨・組織・活動内容など
中部心理相談員会とは
趣旨・組織・活動内容など / 中部心理相談員会について - 理事長挨拶

1.目的

本会は労働安全衛生法に基づく働く人の健康保持増進策である「心とからだの健康づくり」=THP運動の一環をなす心理相談員および心理相談専門研修修了者として、THP運動の推進に寄与すると共に会員の資質および社会的地位の向上、ならびに会員相互の交流を図ることを目的として設立されました。

2.事業内容

本会の目的を達成するために次の事業を行います。

(1)THP事業に関する事項
(2)メンタルヘルス・ケア業務に関する事項
(3)心理相談に関する事項
(4)会員の研究および研修に関する事項
(5)広報に関する事項
(6)その他必要と認められる事項

3.役員組織

(1)理事長 1名
(2)副理事長 1名以上2名以下
(3)理事 5名以上15名以下
(4)監事 1名以上2名以下

4.会員

(1)正会員は中央労働災害防止協会の行うTHP推進者としての心理相談専門研修(心理相談員養成研修)を終了し、本会の趣旨に賛同した人。
(2)賛助会員は本会の趣旨に賛同する法人で理事会が承認したもの。

5.会費

(1)正会員
 入会金 3,000円
 年会費 6,000円(10月〜3月入会は3,000円)
 研修会参加費 会員 2,000円(非会員 3,500円)

(2)賛助会員
 入会金 0円
 年会費 20,000円

6.会員の構成

会員の構成職域は幅広く、人事、労務担当者、衛生管理者、保健師、看護師、カウンセラー、臨床心理士、社会保険労務士、教師、トレーナー等々、異なる専門分野出身者により構成されています。
しかし、各専門分野の衣を脱いで心理相談員そのものになりきって「心のサポート」をするものとしての知識を深めるべく研鑽を図っています。


中部心理相談員会 (愛知・岐阜・三重・静岡・富山・石川・福井)
       【会長】 跡部 昭子
       【事務局】 〒465-0036 名古屋市名東区藤里町1201-7-506
TEL/FAX 052-775-3092